士族の商法

ことわざ-読み:
しぞくのしょうほう

ことわざ-意味:
慣れない商売を始めて失敗することのたとえ。

■ことわざ-解説:
明治維新後、士族となった旧武士が、
慣れない商売に手を出して失敗したことから。

■出典:

■英語:

■類義語:
・武士の商法

■対義語: